タグ
2015/04/06

フォトブック3

14〜15年前までは、未来の携帯電話にカメラが付くことを予想できた人は少なかっただろう。筆者が初めて自分の携帯を手にしたのは中学2年生の頃。当然カメラは付いていなかった。現在、ほぼ全ての携帯電話にカメラが付いており手軽に撮影ができることから、日常的に写真を撮る人は増えただろう。そんな、携帯で撮った写真をフォトブックとしてまとめられるサービス「マイブック」がある。今回は、このサービスを利用して、自分のコスプレ写真集を作ってみることにした。

友人たちから、ナース、セーラー服、メイド服、チャイナ服などを借りて、深夜にひとりでせっせと自撮りをした。これはナルシストにならないとできない。思いっきりナルシストになって「ひとり撮影会」を実施。

これらが元の写真。

アラサーのセーラー服

アラサーのセーラー服

白衣の天使?

白衣の天使?

おかえりなさいませ、ご主人様

おかえりなさいませ、ご主人様

背景に家具や家電が写り込んでおり、生活感を隠し切れない。さて、これをフォトブックにすると、どうなるのだろうか。

フォトブックにする写真を一通り撮影したら、マイブックのサイトより、編集ソフト「My Book Editor」をダウンロードする。Windows版とMac版があり、どちらも無料だ。

ダウンロードしたら、フォトブックのサイズやページ数を選ぶ。今回は表紙をハードカバータイプ、縦の写真が多いので長方形、ページ数は一番少ない10ページにした。

cap1

さっそく、画像を取り込んでデコレーション開始。まずは表紙と裏表紙を作成。いろんな色や柄の台紙があるので、好みの物をチョイス。文字やスタンプを入れることもできる。

cap2

型抜きをしてみると、また違った印象に。種類も豊富なので、どれにしようか迷ってしまう。

cap3

楕円型に型抜きをしてみた

自由に編集していくのは、プリクラを撮った後の落書きの感覚にも似ていて楽しい。デザインセンスがある人ならば、もっとオシャレに編集できることだろう。10ページ分の写真の編集が終わったら、最後に全部の写真をプレビュー画面にてチェックできる。

cap4

表紙と裏表紙、中身の写真が一覧になって表示される

注文手続きは住所や支払情報を入力すれば終了。ちなみに、大切な人へのプレゼントにはラッピングもできる。

cap5

入力画面

フォトブックは10日間ほどで送られてくるという。そして、注文から8日後にフォトブックが到着! 一体どのようなものか開けてみると……かなり立派! ツルツルとした材質の表面が心地良い。

フォトブック1

半透明のハードカバー付き

中を開いてみよう。

フォトブック2

フォトブック3

スマホで撮った写真が写真集に大変身!

最後のページ

しっかりとした作りで、丈夫な紙質だ。大変満足のいくナルシストフォトブックに仕上がった。データで写真を保存するのもいいが、特別な写真はデータでなくモノにしてしまうのも良い記念になる。今回は自分のコスプレ写真集にしたが、次回は愛猫の愛くるしい写真を詰め込んだ写真集にするのもいいかもしれない。

●簡単フォトブックづくり「マイブック

姫野ケイ

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています