タグ
2015/03/31

インドで婚活をしている1人の女性の勇気ある行動が、ネット上で話題を呼んでいる。

親は娘の嘘のプロフィールをお見合い婚活サイトに登録

インドの「婚活」は、日本のそれとは違って、いまだに親が子供の結婚相手を決めることも珍しくない。同じカースト同士で結婚するしきたりも、まだ根強く残っている。

とはいえ、婚活の手法はテクノロジーの進化により「見合いネット婚活」も進んでいるようだ。

今回の話題の人というのは、インド人のIndhuja Pillaiさん。他のインド人女性の親がそうであるように、彼女の両親は娘のプロフィールをお見合い婚活サイトに登録&掲載をした。プロフィールには、年齢、名前、星座、職業等が記載されていたのだが……。両親は彼女のプロフィールを「インドで結婚相手が見つけやすいように」と、職業等を偽った、ウソの内容を掲載したのだった。

女性らしくない。ロングヘアにしたことは一度もない

インドではよくありがちらしいこの状況に、Indhujaさんは反抗し、自らオリジナル・プロフィールサイトを作成したというのだ。そのサイトを見てみると、彼女の活発的なキャラクターが伝わってくるような素敵な写真を背景に、本当のプロフィールがシンプルに掲載されている。

両親が偽った彼女の職業「ソフトウェア・エンジニア」は、「ベンチャー企業勤務」へ修正。他にも、宗教「無神論者」、趣味「ブログ、写真」など、私たちには見慣れたごく普通のプロフィールが続く。ところが、中には「結婚には向いていない気質」であることも記載している。

つづいて「お酒は飲みません。タバコは嫌いです。…(略)私は、女性らしい女性ではありません。ロングヘアのスタイルにしたことは一度もないし、これからもないでしょう」と、堂々と彼女の思いをも記載している。

好みはヒゲ面、30分以上会話が続くこと……

とはいえ、どんな男性をさがしているか? についてもはっきり書いていて「ヒゲ面が好み。『世界を見てみたい』という男性、しっかり自分で仕事をしていて、自身の仕事を嫌っていないこと。そして、家族にべったりな人でないこと、30分以上会話が続くこと」等々、23歳の女性とは思えないほど、しっかりした好みと基準をもっている。

日々聞かれるインドでのレイプ事件等もあって、インド人の女性たちは、男性の影に隠れて自分の言いたいことも言えない人が多いのでは、というイメージばかりだった。でも、こんなにしっかりした若い女性もいると知ると、少し勇気までもらえた気がしないだろうか。

参考記事:STYLIST

中村綾花

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています