追い詰められたひとり親を救えない社会

諸富祥彦教授

凶悪な少年犯罪や痛ましい虐待事件が起こるたびに報道される加害者、あるいは被害者の家庭環境。子どもの保護者がひとり親だった場合には、ことさらセンセーショナルに書き立てられることも多い。ひとり親の子育てとは、いったいどうあるべきなのか。

心理学者で明治大学教授でもある諸富祥彦さんが、『男の子の育て方』『女の子の育て方』など子育てシリーズの最新刊として『ひとり親の子育て』(WAVE出版)を刊行。子育てにまつわる日本の制度の歪み、そして孤独な子育てを強いられているひとり親に対し、私たちができることとは?

子育てをどうしたらいいのかわからない

——諸富先生が『ひとり親の子育て』を出版された背景とは?

諸富祥彦さん(以下、諸富):担当編集者と話していた時、ひとりきりの子育てで苦しんでいる人が身近にいる、と聞きました。シングル、あるいは夫がいてもひとりきりで育児をしている「実質シングル」を含めると、日本にはひとりきりで子育てを担っている人がいかに多いか。その観点から「ひとり親」で括ってみよう、ということになりました。

私は千葉県市川市でスクールカウンセラーもやっていて、シングルの方がいらっしゃることもありますが、皆さん本当に大変です。時間の余裕は全くありませんね。

——カウンセリングにいらっしゃる方は、どういった悩みを抱えているのですか?

諸富:子育てをどうしたらいいのかわからない、という悩みが多いです。シングルマザーには真面目で熱心な方もたくさんいて、思春期のお子さんを持つ方から、「子どもに『死ね』と言われると、悲しくて死にたくなります」という相談を受けたことがあります。思春期の子どもの反抗や親を責める言葉は、その時期の子どもの務めのようなものです。自立に向けた一歩ですから。それを真に受けてしまい、自分を責めているんです。

子育て問題は「不足」でなく「過剰」が原因なことも

——何か気になることが起こると、「自分がシングルだから」と結びつけてしまう人もいるのでしょうね。

諸富:こういった反抗期に父親と母親がいる場合には、お互いに愚痴をこぼすこともできますが、ひとりで考え込んで追い詰められ、うつになってしまう人がいます。これは性格が真面目であるほど危ない。あるいは、父親の代わりもしなくては、と気負い過ぎた結果、厳しくしすぎて子どもを追い詰めてしまうのです。これは母性が薄れて父性が強く出ている状態です。

——そもそも、両親が揃っていれば父性と母性のバランスが整っている、ということになるのでしょうか?

諸富:そうとは言えません。父親がいても忙しくて一緒にいられなかったり、逆に母親が厳しくて父親が優しい、という家庭もありますよね。これは、父親が子育てにあまり関わっていない分、厳しくすることができない、という側面もあるのかもしれません。もっと悪いのは、子育てにはほとんど参加しないのに、「お前が悪い」と母親を追い詰めるような父親。これでは、実質シングルどころか“マイナス”です。でも、残念ながらそういう家庭も多いんです。

「ひとり親だから」と自分を責めないこと

——今、川崎中1殺害事件の捜査が進行中ですが、報道で被害者の男の子の家はひとり親家庭だった、という点が強調されているのを見ると考えさせられます。

諸富:川崎の事件に関しては、詳しいことがわからないので何とも言えませんが、もし親御さんにできることがあったとすれば、「援助希求(えんじょききゅう)」ですね。親が周囲に対してSOSを出すこと、そして子どもが辛いときに、親や周囲に対してSOSが出せる関係を作っておくことが大事なんです。

しかし、はっきりと言っておきたいのは、この事件は被害者の親が問題なのではありません。

——この本には、ひとり親が自分を責めないように、とも書いてありますが、2月には、育児に疲れた“実質シングル”の母親が2人の子どもを殺害した柏市での事件もありましたね。

諸富
:カウンセリングでも、「私にはもう子育ては無理」と漏らす方は多いです。しかし、事件が起きれば児童相談所が親と子を引き離すことはできても、その寸前の家庭を救済する手段は、現状ではありません。

あるとき、私のところに相談にいらした親御さんが、ボロボロ泣きながら「もう子どもを育てていく自信がない」と話していました。そこまで追い詰められている人々を一時的にでも保護する施設がないのは問題です。

子どもを守るセーフティーネットがない

——こういった事件や限界を感じる親たちは増えているのか、あるいは表面化しているだけなのか、どちらだとお考えですか?

諸富:増えているのだと思います。なぜかというと、私も含めて現代人は快適な生活に慣れ過ぎていて、不快な目、辛い目に遭ったら、追い込まれてキレやすい。クレーマーも多いですしね。耐性が低いのです。

そうしたときに、被害に遭ってしまうのは子どもなんですよ。子どもたちを守るセーフティーネットが必要なのに対し、日本は子どもを守ることに対して消極的ですよね。

——諸外国に比べて、日本は遅れをとっているのでしょうか?

諸富:そうですね。これだけ食べ物や文化をアメリカから学んだのに、肝心なところを学んでいないんですよ。個人主義になりつつあるなか、そこからこぼれてしまう人が出てきます。それなのに、彼らをサポートするシステムができていません。

離婚の増加についても、何ら罪のない子どもから親が奪われないように、離婚後の面会交流を考えていかなければいけません。しかし、実質的に父親か母親がいなくなる状況があまりに多い。

——そういった状況は今後変わっていくと思いますか?

諸富:今の日本の子育ては母親中心なので、そうなってしまっているのだと思います。自然には変わらないので、変えていかなければいけないですよね。

>>【後編はこちら】辛いときに泣けない子が増えている―教育心理学者が語る、子どもの感情を取り戻すために大人ができること

(美浜南)

●諸富祥彦 1963年福岡県生まれ。明治大学文学部教授。教育カウンセラー。教育学博士。「すべての子どもはこの世に生まれてきた意味がある」というメッセージをベースに、30年近く、さまざまな子育ての悩みを抱える親に、具体的な解決法をアドバイスしている。
この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています