テレビでは見れない過激なネタも見れるかも? お笑い芸人の合コン現場をリサーチ!

お笑い芸人が、テレビでよく「合コン」のエピソードを話しているのを聞きます。東京、六本木界隈では、日々芸人や芸能関係者との合コンが繰り広げられているなんて噂もありますよね……。実際に芸人との合コンに行ったことがあるという女性たちに、その実態を取材してみました。やっぱり一般人にはないようなノリなのでしょうか、それとも?

「お持ち帰り」は当然!?

「『経験は芸の肥やし』なんて言って、たくさんの女性を抱くことを仕事の一環と捉えている芸人さんもいる」と話すのは、レースクイーンの女性(27)。

「某有名芸人さんとの合コンでは、『今日は全員、当然ホテルに行くつもりでいるよね?』と1次会で聞かれ、女性陣が驚きで沈黙したところ、『わかってない奴らやなー。行く気がないなら、はい解散!』と、予約していた2次会のお店にも行かずお開きになってしまったことがあります」

なかには、「カキタレ」(セックスだけを目的とした女性)を数人抱えている芸人さんもいると聞きますが、堂々とそんなことを聞ける神経って……。やっぱり一般人と違う?

大御所の接待現場を垣間見た!

ホステスの女性(27)によると「上下関係が厳しい世界なだけあって、合コンが接待の場と化すこともしばしば」だそう。

「芸人さんとの合コンだと呼ばれて行ったら、女性は若手芸人が集めてきたホステスばかり。先に来ていた若手芸人さんに『今日は大御所○○さんの接待だからよろしく。プロ(ホステス)ということは内緒でね』と、ひとり5万円ずつ渡されました。大御所が到着したら、つまらないネタにもおおげさに大爆笑したり、媚びてみたり、とにかく大御所を持ち上げる接待モードが始終続きました」

上の人に気に入られることで仕事を取る。芸人の世界に限ったことではなく、世の中ではよくあることなのかも。男性側の力関係を見極め、芸人側が求める対応を演じる力も「接待合コン」では求められることもあるようです。

身体を張った下ネタが……!

「芸人さんとの合コンは当然、個室で行われる」と話すのは読者モデルの女性(29)。彼女は、芸人さんたちの身体を張った下ネタに驚愕したのだとか。

「下半身を脱いで、女の子の顔の前にモノを持ってぶらぶらさせてみたり、ノリで女の子の胸を触ったりする芸人さんがいました。大規模な合コンで20人くらいの男女がいたのですが、そんな下ネタに男性芸人は爆笑し、女の子はキャーキャー言いながらはしゃいでいる奇妙な空間でした」

「下ネタ」と言って良いものなのか、テレビだとしたら放送できない過激なネタを披露する芸人さんも。芸人さんが顔の利くお店では、女の子の側も楽しんでいれば、そんな行いを黙認しているところも多いのだそう……。

少し突飛なエピソードを挙げてみましたが、「数々の番組で司会を務めている某芸人さんと合コンをしたときには、とても紳士的なふるまいとエスコートをしてもらった」(28歳モデル)、「某芸人さんと合コンで知り合って、数年の交際を経て結婚をした友人がいる」(30歳コンパニオン)、「とにかく会話が面白くて、空気を読む力やトーク術はさすがだと思いました」(24歳タレント)などの好意的な体験談もありました。テレビで見る芸人さんと楽しい時間を過ごせるならば、貴重な機会ですよね。そのときは、危険度の少ない合コンのほうに当たりたいものです。

更紗