田房永子さんインタビュー(後編)

アダルト雑誌で数少ない女性ライターとして働きながら、感じたことをまとめた『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イースト・プレス刊)が刊行されたばかりの田房永子さん。ちょうど同じ頃、アダルトメディアに携わってきた筆者が、お話を聞かせていただきました。今回は田房さん自身の男性観や取材して印象深かった風俗店などついて伺います。

>>【前編はこちら】風俗嬢を褒めたりけなしたりする男たち――アダルト雑誌の女性ライターが訴える、男の価値観への疑問

>>【中編はこちら】風俗は“別世界”じゃない――アダルト雑誌の女性ライターが語る、女が風俗を知るべき理由

男が生きる時間軸と女が生きやすい時間軸は違う

大泉りか(以下、大泉):田房さんの男性観ってすごく謎な部分があるんです。フェミニスト寄りなのかなぁ、と思いつつも、そうでもないというか、けっこう優しいところもある。というか、むしろ男性が好きっぽいっていうか、性欲に赤裸々だし。でも、わたしもなんです。男性のこと「バカだな、アホなの?」と思う一方で、基本的には男好きで。

田房永子さん(以下、田房):ああ、そうなんですよね。そのへん、ブレてます(笑)。

大泉:そうなんですね(笑)。でもまぁ、そうですよね。男という生き物全員嫌い、とかちょっと極端ですもんね。

田房:でも、子供を産んだ年は、本当に「全員死ね」って思ってました。妊娠して出産したら、今まで送ってきた実生活と全然違う世界、があることを知りました。妊娠とか胎児の成長とか、分娩、赤ちゃん、育児、時間通りにも計画通りにもいかない原始的な世界。そっちを原始社会とすると、今までの実生活は、電車の時間や始業の時間なんかの、サラリーマンの生活に合わせた社会。

今の日本は、サラリーマンの生活に合わせた社会を優先してる。原始社会とサラリーマン社会を行ったりきたりして、そのつじつまを合わせるという大変な仕事の負担を負ってるのは、ほぼ女性だけです。男性もいるけど本当に少数。

そんなことも知らず、「女はもともと原始的な仕事が好きだから」とかいうよく分からない理屈を唱えながらサラリーマン社会だけに居続ける男たちに対して、猛烈な怒りを感じてました。だけどそれも、この本を書くことで、少しおさまった気がします。

空間に男の人がいるとそれだけで、「レイプされる!」ってくらい緊張する

大泉:そもそも、男女で共生していかないといけないわけですしね。けど、わたし、この間、夜の8時くらいにケンタッキーに行ったんですよ。どうしてもフライドチキンが食べたくて。で、2階の客席に行ったら、そこにいる全員が女だったんです。髪が緑の若いコと、OL風と、娘を連れた若いお母さんと……って感じで6人くらい全員女。その時に思ったのは、女だけの空間って心地いいなーってこと。みんな動きがザツじゃないし、臭くもない。空間を嫌にさせる要素がないっていうか。

かといって、わたし、女子大に通っていたんですが、その時のことを思い出すと、すっごく嫌なんですよ。見栄の張り合いとか、楽しくなくても笑わないといけない同調圧力とか。

田房:わたし、こないだ大宮のファーストキッチンに入ったんです。店内はずっとガヤガヤしてたのに、ふっと静かになったんですよ。気が付くとおじさんがひとりとわたしだけになっていて、その瞬間、「やられる!」って思いました。「レイプされる!」って。そんな可能性は限りなく低いと思うんですよ。でも、男の人がいるとそれだけで、そのくらい緊張する。

大泉:うん、わかります。見知らぬおじさんには緊張しかない。女だけのコミュニティーは面倒だけど、空間についていえば女だけのほうが、心地がいいことは確か。

田房:だからわけたらいいんじゃない? 喫煙と、喫煙じゃない男性シートと女性シート。

大泉:そうしたらカップルシートも必要になりますよ。

田房:あっ、そうか、グループで行けないっていうんじゃ、ファーストフードは、大打撃を受けますね(笑)。

男も女も魂レベルでは同じなのに、いま許されているものに差がありすぎる

大泉:どの取材先が一番印象に残ってます?

田房:読んでくれた方たちの注目度でいえば、「おっぱいパブ」ですね。この本で風俗のことを初めて知ったという女の人はだいたい「一番意味不明」という理由で「おっぱいパブ」に疑念を示します。

私は、実際に行った潜入先としては、密着理髪店(セクシーな格好の女性が理髪をしてくれる。最中、胸などがハプニング的にぶつかることも)が印象に残ってます。ギリギリ感、おっぱいが当たるスリルとか、あからさまなのに、客と女のコとのやりとりはあくまでも普通で「風俗店じゃないですよ」っていう建前を客と店側が必死に守ってる感じがすごかったですよ。

大泉:男性のプライドが守られてるところがイヤですよね。「そのプライドなに?」ってイラつく。

田房:ドール(ラブドールとプレイできる風俗店)とかもちょっと引くけど、射精サービスもおさわりサービスもない、理髪店が一番、いやらしい。みんなひとりで「あれっ、間違っちゃった?」ってキョトンとした紳士顔で入ってくるんです。むしろ物色しながら、ニタニタして入って来いよ! って思いました。

大泉:わたし、この間、なんかのエッセイを読んでたんですけど、「女は4タイプに分かれていると言われたのだが……」みたいなことが書かれていて、それは「キャバ嬢タイプ」「AV嬢タイプ」「風俗嬢タイプ」「愛人タイプ」みたいなことだったんだけど、それ、ぜんぶ性の対象じゃん! って思って。女性が男性を見るときに、そういう目で見ることってあまりないじゃないですか。「あれはホストタイプで、あれはAV男優タイプ」とか。友達になりたい、だったり、お兄ちゃんになってもらいたい、上司にしたい、とか。

そう考えると、女の人を性的な目でしか見れない男性って可哀想だなって思う。やっぱりどこまでいっても、男と女って絶対に違うって思うんです。だって、男はひとりでナンパのために街角に立つけど、女はナンパされるために街角に立つことがあっても、自分から声かけて振られて、また声かけて、ってことはない。っていうかまず最初に声をかけた時点で成立しちゃう(笑)。

田房:わたしの説では、性器が違うから、その違いはあるけど、でも、魂レベルまで下がったら同じだと思う。けど、現実ではそれは難しいじゃないですか。人という部分では同じなだけど、ついているついていないで、許されてることや、扱われ方が違うから、そうなってるんじゃないのかな、って。

大泉:たしかに男友達がナンパのためにアルタ前に立ってても「なにしてんの?」って軽く軽蔑するだけだけど、女友達が立ってたら、本気で心配するかも……けど、そんな、女性と男性とが歩み寄るには、どうすればいいんですかね。

田房:教育の問題だと思う。自分がどういう性に属しているかっていうことを、男の子に子供の頃から教えないといけなくって、でも、いまは全然教えてない。野放しで「どうぞどうぞ」という感じだし、童貞がいたら「風俗行け」とか。けど、女の人は、簡単にそういう会話が成立しない。その差を意識的に合わせていかないと。

大泉:多くの女性にこの本を読んでもらって、今まで普通だと思っていたことが、実は、ものすごく男性に都合よくできていることを知ってもらいたいし、反対に男性に読んでもらって、今まで無意識にどれだけ女性をしんどい気持ちにさせてきたか、気がついて欲しいですね。

大泉りか

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています