タグ
2015/03/15
80歳の女優が30歳女性に送る言葉

STYLIST」より

ハリウッド女優「ジュディ・デンチ」という名前を聞いてもピンと来ない日本人がほとんどだと思う。では、映画007シリーズのジェームズ・ボンドの上司「M」ではどうだろう? 他にもハリウッド映画では『ショコラ』で、チョコレート屋に通う気難しいマダムを演じていた、というと知っている人は増えるかもしれない。イギリス出身の女優で、イギリスでは知らない人はいないというほどの国民的大女優だ。チャーミングさと風格とを持ち合わせ、アカデミー賞をはじめ数々の受賞歴をもっている。

そんな彼女も驚くべきことにもう80歳。昨年、視力の問題で「台本が読めない」という残念な知らせとともに、女優から徐々に退くことを告白した彼女。それでも80歳まで現役の女優として活躍していたという事実に驚かされる。

そんな女優としても、ひとりの女性としても熟成した彼女が今回、イギリスのファッション誌『STYLIST』で、「自分が30歳だった頃にアドバイスしたいこと」を伝えている。

「『恐れ』をあなたの強みにしなさい」

本当にたくさんのことが私を恐れさせるの。舞台で演じる時、いつだって私は恐怖を感じてしまいます。そして、演じれば、演じる程その恐怖は強くなってくる。でも、この「恐れ」を利用すべきなのです。「恐れ」や「悲しみ」は、ものすごいエナジーを生み出すし、戦わなきゃいけない。そうでなければ、あなたは粉々に打ち砕かれてしまうのです。

「社会的な規範をぶち壊すことを恐れない 」

私は子供の時に初めて演じた頃からルールを壊してきました。その時の役は蛇だったのだけど、父親が作ってくれた衣装を着てね。本当は這いつくばって動く予定だったのに、客席に両親がいるのが見えた途端に立ち上がってクネクネしちゃったのね(笑)。すかさず舞台袖から先生が「ジュディ! しゃがみなさい!」って声が聞こえてきたのを覚えています。

「学び続けなさい」

私はネガティブな考えをするのは好きじゃありません。例えば「視力が落ちたから、あれができない、これができない!」なんてことは考えません。

いつも新しいことを学びたいと思っているから、ちょっとした頭を使うゲームも大好きだったり、毎朝起きてから辞書を開いて新しい言葉を5つ覚えたりしています。料理が本当に苦手だから、料理教室にも行きたいなと思っているところです。

「未来を生きることを最後まで諦めない」

老けることって、何ひとつ良いことってないんです。「死」という言葉も大嫌い。とは言え皆は私に、年をとることで「経験や財産を築いてきたじゃないか」って言うんです。それでも「愚かな若者」でいた方が、どれだけいいことか。人生の素晴らしさって「未来がある」ということなんです。私の年になると、人生の残りを考えてしまいます。

でもね、だからって諦めませんよ。年齢に打ち勝ちたい、そう思っています。

「いつもチャレンジをする」

私は周りからいつもワーカーホリックだって言われます。私は仕事が好きでたまらないんですよ。自分のしたいことを仕事にできているからこそなのかもしれません。とはいえ、仕事もチャレンジあってこそ。

例えば、舞台で演じている時に全然お客さんの反応がない日だってある。まるで皆で「今日は絶対に笑わない」って示し合わせたようにね。でも、こんな時ほどチャンスなんですよ。「目の前に山がある。でも、打ちのめされないぞ、私はこの山にうまく登るんだ」って挑戦できるチャンスだからです。

「動物に囲まれて過ごすこと」

時に猫がいなくなって消えてしまうこともあるんだけど、毎日私は動物たちにキスしてあげるんです(彼女は自宅に、4匹の猫、2匹のモルモット、12匹のネズミ、2匹の金魚を飼っている) 。私の金魚なんて、自宅に来たときは指くらいのサイズだったのに、今は何倍にも成長しているんですよ。私は動物って、魂にとって良いものだと信じているんですよ。

第一線を走り続けて来た女性がこれまでの人生を振り返り答えた言葉の数々には、「弱さ」と「強さ」の両方が感じられる。つらいことも楽しいことも80年間乗り越えてきた彼女の言葉は、どれも私たちに染み渡る名言ではないだろうか。

参考記事:STYLIST

中村綾花

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています