タグ
2015/03/13

ゲイバーで嫌われる女性の行動5つ

米国の心理学専門誌『サイコロジートゥデイ』によると、心理学的に、ゲイ男子は「恋愛の相談相手」として女子に信頼を置く傾向があるといわれています。恋愛対象ではない女子との方が、ゲイの男友達とよりも話しやすいことがあるのです。

    ゲイバーに女がいるとメンドクサ~イ

筆者はイギリスに来て18年になるアラフォー・ゲイ男子です。最初の1年は現地の友人がなかなかできませんでしたが、しばらくして同じ大学へ通う日本人女子留学生たちと仲良くなりました。彼女たちとは20年近く経った今でも親友です。彼女たちは日本の両親へカミングアウトしたばかりの筆者を受け入れてくれ、あれこれとサポートしてくれました。彼女たち、いわゆるオコゲ(英語ではファグハグ)なくして今の私はありえません。

友達として相性のよい組み合わせである女子とゲイ男子ですが、筆者も今では、「ゲイバーに女がいるとメンドクサ~イ」と思ってしまうゲイファシストの中年になりつつあります。それは、なぜでしょう?

最近のゲイバーは、ストレートの人にもオープンなお店が増えました。「MIX」を掲げているバーでは女子も気軽に入店でき、ストレートの女子がママに恋愛相談をする姿もよく見かけます。内気なゲイ男子は、最初はゲイバーに女友達と出かけます。そして慣れてくると、あまりにも傍若無人な女子がいることが目につき、最終的に「ゲイバーは女人禁制にすべし!」とまでエスカレートしてしまうのです。

そんな、ゲイバーでゲイ・オネエに煙たがられる女子のポイントを5つ挙げてみました。全部私のネーミングなのでググっても出てきませんよ!

    1.ゲイの巣を横取りする「カッコー女子」

気付けばゲイバーのママや他のゲイ男子と仲良くなって「ゲイの巣」を持っていってしまうカッコーのような女子。トンカツよりも目立つキャベツは嫌われます。あくまでも引き立て役として振る舞ってあげて下さい。 普段入ることのできないゲイの世界へ入って楽しくなるでしょうが、男子優先でお願いします。

    2.あたしを見て見て「ミラーボール女子」

なぜかゲイバーで目立とうとする女子、略して「ミラ女」。ゲイ男子はたいがいイケメンだし、話も上手で好意のある素振りをするかもしれません。でも女子に寄って来るゲイは、女子と一緒にいる男子目当てです!! あくまでも男子にスポットライトを当ててあげる「照明女子」でいてあげて下さい。

    3.自分の話、愚痴ばかり聞かせる「聞いて女子」

居酒屋なら愚痴を聞いてもらうのもオッケーですが、ゲイバーでは「聞かれない限り自分のことは言わない」が鉄則。ゲイはえてして聞き上手だし、恋の悩みもいっぱい経験しているし、はっきりと物を言う傾向があるから悩み相談にはもって来い(筆者含む)。でも一般の場所ではゲイは恋愛相談とかしにくいんですから、ゲイバーではあくまでも聞き役に廻ってあげて下さい……。気の廻る子だと他の男子にも認められると、次回から「お姉さん」と呼ばれマウンティングランキングが上がります!

    4.やたらとキューピッド役を買って出る「天使女子」!

字面はいいですが、実は小悪魔により近いキューピッドちゃんたち。「私の連れなんてどうですかぁ?」とか「連れが気に入っちゃったみたいなんですぅ」とか男子が気まずくなる程キューピッドしちゃう女子。しかも「え、全然タイプじゃないんですけど……」という男を連れてくること多し。頼まれた時だけ出動して下さい……。

    5.ゲイの男に本気で恋をしてしまう「ワンウェイ女子」

あまりに優しくてかっこいいゲイたちに囲まれている間に、本気で一方通行の恋をしてしまう女子がいます。悶々と「なんでアタシを好きになってくれないんだろう」と悩んでしまう困ったちゃん。しまいにはどうやったらゲイと付き合えるかを聞いてくるツワモノまでいる始末。根本的にムリなんですよ……。

いかがですか? ゲイバーはゲイ男子のみならず女性にも楽しい場所です。マナーを守ってお楽しみください。

参考記事:Psychology Today

ジュージー・エレガンザ

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています