タグ
2015/03/11

パリの地下鉄で9割の女性がセクハラ被害

東京の満員電車は、外国人にとっては日本の“観光名所”になりつつある象徴的な現象。こんな混雑する電車の中に男女が詰め込まれて、「触った、触ってない」だのハラスメント問題にならないはずがないと、外国人なら誰も思ってしまう異常な状況だ。

筆者が住むパリにも通勤ラッシュはあるけれども、東京のそれにはかなわない。よほどのお祭り、デモ行進等のイベントでもない限り、東京並の地下鉄のラッシュはおきない。

ところが、世界的に見てもフランス・パリでの電車内でのハラスメント被害経験者数は高いことをご存知だろうか?

94%もの女性が車内で嫌がらせを受けたことがある

フランスのフェミニズム団体がパリで150人の女性に調査をしたところ、94%もの女性が車内でハラスメントを受けたことがあると答えたのだ。

被害の内容は「悪意のある視線を感じた」「口笛を吹かれた」というものから、直接的な攻撃までいたる。なお、41%もの女性が、実際に直接的な攻撃、性的嫌がらせを経験しているというショッキングな結果も出ている。

こうした状況を受けて、調査を受けた70%程度の女性たちは自ら振る舞いや服装に気をつけて、ハラスメント予防・対策をとっているそうだ。例えば、スカートの長さを気にしたり、ハイヒールを履かなくなったりということだ。

フランスのフェミニズム組織「Osez le feminism」は、このパリの電車内での女性の危険な状況を、政府に改善を求める働きかけをした。すると、数か月後には2人の女性政治家が対策に向けて動き始めることが決まったというのだ。

政府は、この組織に現状リサーチをさらに進めるよう命じ、調査の結果は4月に公表される予定だ。

85%もの女性が男性に助けを求めたいとは思っていない

ちなみにトムソン・ロイター財団による「世界の女性に危険な交通機関」に関するリサーチによると、意外にも「85%もの女性が、 車内で性的ハラスメントに遭遇した場合、勇敢な男性に助けを求めたいとは思っていない」という結果が出ている。

この結果の理由を予想すると「車内にいる他の誰かに助けを求めることで、さらなる男性同士の衝突や騒ぎを起こしたくない」ということではないかと思われる。では、ハラスメントが起きた場合、一体どのような「助け」を求めればいいのかというと、フランスのメディア『マダム・フィガロ』は「電車内にアラート・ボタンを設置し、運転手に伝わるようなシステム」が良策ではないかと提案している。

パリジャンに微笑みかけられても無視

実際のところ、パリの交通機関は「テロ、窃盗、ホームレス」等の対処に手一杯で、女性のハラスメント対策までは行き届かないというのが現状のようだ。これからのフランス政府の動きが待たれる。

それにしても、花の都パリの地下鉄は本当に臭いし暗いし、ハラスメントも多いしで、結構危険だ。

地下鉄におどおどと乗り込む日本人女性観光客を良く見かけるが、パリで地下鉄を利用する場合は、パリジャンに微笑みかけられても無視すること。何も知らずに笑顔を返してしまうと(ついやってしまう日本人女性が案外多い!)、後をつけられて犯罪に巻き込まれないとも限られないのだ。

参考記事:Madame Figaro

中村綾花

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています