ジョヤンテ代表取締役・川崎貴子さんインタビュー

時代の変化に伴い、女性の生き方も多様化していく時代。アラサー女性たちが自分らしく、幸せに生きていくためにはどうすればいいのか?

ウートピ編集部が注目したのが、いまをときめくIT起業家や有名ブロガーたち。彼らの生き様を通し、働くアラサー女性たちの生き方のヒントを探ります。

>>【第1回】伊藤春香(はあちゅう)さんインタビューはコチラ

第2回目は、ブログ「酒と泪と女と女」が絶大な人気を博している、女性に特化した人材コンサルティング会社、株式会社ジョヤンテ代表取締役の川崎貴子さんにお話を伺いました。前半では、おもにアラサーにとっての「仕事との向き合い方」について詳しくお伺いします。

職場の意地悪なお局さまは、あなたの人生と無関係!

――ブログ人気の影響で、川崎さんのもとには悩みを抱えたアラサー女性が殺到しているとお聞きしました。彼女たちはウートピ読者と重なる部分があると思いますが、直接話をしていてどのように感じますか。

川崎貴子さん(以下、川崎):かわいくて性格もよくて、仕事も頑張っている、素敵な女性たちがやってきますね。今の時代を生きる彼女たちのようなアラサー女性を見ると、過渡期にいる人たちだなと感じます。単純に「キャリアか結婚か」を選べばいい時代ではないですから。出産後はパート勤務にするか、夫婦共働きで保育園に預けるか、子どもは作らずバリバリ働き続けるか……本当に選択肢が多いので大変だろうなと感じます。だからある意味、迷っていて当然なんですよ。

――三十路を迎えるタイミングを機に、転職すべきかどうか悩むアラサー女性も多いと感じます。

川崎:人材紹介業を営んでいるので「転職しましょう」と言いたいところですが(笑)、「しないほうがいい」と伝えることも多いです。なぜ今の職場を辞めたいのか聞くと「人間関係が嫌だから」といった、キャリアを隠れ蓑にした不満を抱えるケースも少なくありません。意地悪なお局さまなんて自分の人生とは無関係! ノイズだと考えればいいんです。

転職は現状がどうこうというより、どんな長期ビジョンを持っているかで検討すべきもの。一生働き続けたいのか、仕事以外の何かにシフトしていくのか、どこかで覚悟を決めないとダメです。まずはモヤモヤしている根本原因と長期ビジョンを照らし合わせてみてください。

――川崎さんがアラサーの頃はどんな長期ビジョンを持っていましたか。

川崎:25歳で起業して3〜4年経った頃ですから、会社を大きくしたり、理念を固めたり、新規事業を考えたりと……中小企業のおじさん社長が考えそうなビジョンを持っていました(笑)。当時、同世代の男性と名刺交換すると「社長なんですね」と感心されはしても、「結婚後は家庭に入ってくれる人がいい」「僕の転勤についてきてほしい」なんて言う男性はまず寄りつきません。会社経営をしていると、そんな願いを聞けるはずがないですからね。

――確かに(笑)。

川崎:これからも働き続けたいなら、自分の中にひとつ「軸」を作るといいと思います。私自身「一生働いていたい」という思いが軸にあって、責任者になれば投げ出さないだろうと考えたんです。軸を持たないでいると不安になりますし、迷いも増えます。確固たる軸があれば、それに伴って目標も見えてきますから。

「上司や同僚が仕事のチャンスをくれる」というのは幻想

ジョヤンテ代表取締役・川崎貴子さんインタビュー

――働くアラサー女性を見て「こうしたらいいのに」と感じることはありますか。

川崎:女性活用の現場でよく「女性が誰ひとり立候補しない」という話を聞きます。彼女たちの上司は「(彼女たちが)頑張っていることは認める。でも、この先どうなりたいのか、キャリアアップしたいのか、意思表示をしない」と話します。仕事においても人生においても「自分がどうなりたいか」という気持ちがすべてだと思うのですが。

――確かに、挑戦してみたい気持ちはあっても上司に自己アピールするのってなんとなく気が引けてしまいます。

川崎:「自分で挑戦してみよう」ではなくて、漠然と「誰かに“ここではないどこか”に連れて行ってほしい」と考えている人は多いです。真面目にコツコツ仕事を頑張っていたら、同僚から「一緒にベンチャー企業を立ち上げよう」と誘われたり、社長から「君をプロジェクトチームリーダーに抜擢する」と言われたり……といった幸運は突然降ってくるものではありません。

――普段から意思表示したり、何かしら行動しておかない限り、チャンスをつかむことは難しいということですね。

川崎:「そういう可能性がある」と期待していると、物事を決められなくなります。来年何をしているかわからないわけですから。でも、不確定要素に揺さぶられて、チャンスを逃すのはもったいないです。人任せにせず「自分マター」として行動すべき。「自分は~のように生きたい」と意思を持つようになると、何が必要で何が不要なのか、決められるようになりますから。

――そういった意思表示ができることのほか、「仕事で評価される女性」にはどういう特徴があるとお考えですか。

川崎:たとえば自分の仕事量が増えることをマイナスに捉える人がいますが、成功する女性たちは「また私スキルアップしちゃうな」「私ばかり頼っちゃって」みたいに前向きに捉えることができます。そうなるためには、自分が素直な気持ちになれる環境を常日頃から作ることが大事。毎日仕事が忙しいあまり、趣味に費やす時間もなく、深夜0時にコンビニ弁当を食べるような日々を送っていると、心がギスギスするのも当然。週1回は素敵なお店で食事をしたり、映画を観たり、部屋に花を飾ったりと何でもいいので、自分らしくいられる環境を作るために、何をすればいいのか知っておきましょう。

>>【後編につづく】女のキャリアは「愛する人を守る武器」になる―川崎貴子さんが語る、自分で自分を食べさせられる人生

※編集協力/プレスラボ

●川崎貴子 株式会社ジョヤンテ代表取締役。1997年に女性に特化した人材コンサルティング会社として設立後、1万人を超える女性をフォローしてきた。著書に『上司の頭はまる見え。』(サンマーク出版)がある。ブログ「酒と泪と女と女」を連載中。2人の娘と8歳年下のダンサーの夫と暮らすワーキングマザーでもある。

池田 園子

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています