タグ
2015/02/17

海外では美容室感覚で「シワ取り手術」

最近、整形に失敗した(!?)ハリウッド女優、ユマ・サーマンの顔がネット上で話題になっています。「一体どうしたらこんなに顔が変わってしまうのか!」というほど、彼女の顔は明らかに度重なる整形によって変化しているのですが、他にも整形に関して驚く現象を、アメリカのリアリティー番組でも見ることができます。

アメリカで整形は「美容室に行く」ような感覚

『リアルハウスワイフ』という、超お金持ち奥様たちの日常(といっても一般人にとっては非日常)が繰り広げられるこの番組の中では、仲良し奥様たちが、行きつけの整形外科を訪ね、「今日はボトックスをお願い」なんて頼む一部始終を放送していたりするのです。

日本人からしてみたら、まだまだ整形をしていることは隠し事のような空気もありますが、アメリカでは「美容室に行く」ような気軽な感覚で利用されているのが分かります。とはいえ、割高なものなので、お金持ちしかできないことではありますが……。

世界一人気の整形は「シワ取りボトックス」

先月末、International Master Course on Aging Skin (IMCAS)が、整形業界の興味深いデータを発表しました。

そのデータによると2014年、世界の整形ビジネスは前年に比べて7.3%の上昇をしているそうです。整形業界は、世界の不景気なんてなんのその。この成長は2019年まで続くと予想されています。

ハリウッド女優やリアリティー番組から見ても、整形が人気のアメリカは、やはり世界的シェアからみても半分近くを占めていて44%。急成長しているのがアジアで28%、次いでヨーロッパ18 %と続いています。特にアジアの中でも、やはり中国での需要がアジアでの急成長を支えています。

なお、どの国でも一番人気の整形は「シワ取りボトックス」38%、続いて身体整形(レーザーや超音波での整形)35%。意外にも最後にランクインするのが豊胸手術で5%です。

齢を重ねるとシワがアジア人よりも目立ってしまう西洋人

筆者が住むフランスでも、女優やモデルたちの「シワ取りボトックス」は基本。街行くお金持ちマダムもこぞって手を付けているので、不自然な口元に、引きつったほっぺたの強ばった顔とすれ違うことがよくあります。

特に、年齢を重ねるとシワがアジア人よりも目立ってしまう西洋人は、シワ取りボトックスに熱狂的なのはよく分かります。

ともかく、世界的に人気の整形ナンバーワンが「シワ取り」という結果からもわかるように、世界の女性は「老化」と戦い、美を日々追求しているのですね。

ただし一度手を出してしまうと、あれもこれもと終わりがなくなってしまうのも整形。老いのシワを消すはずが、宇宙人のような顔になっていることもあり、それを受けている本人が一番分からなくなってしまうのが、怖さなのかもしれません。

参考記事:La Parisienne

中村綾花

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています