タグ
2013/10/28

爪が割れる!原因と改善策【1】

ふと気がつくと、割れた爪に洋服がひっかかっていたり、ネイルアートをしてもすぐに爪が割れて対処に困ったり…。「爪が割れやすい」というのは、女性を悩 ませるトラブルのひとつですよね。そこで今回はその原因を探り、原因ごとの改善策についてみていくことにしましょう! 前編ではまず、栄養不足の解消につ いてです。

【1】栄養不足
爪は肌が角質化したもので、身体の健康状態を表しているといいます。爪ひとつで、過去3、4か月の体の状態がわかってしまうというのだから驚き。爪が割れやすかったり、表面がデコボコしていたり、タテにすじができたりする場合は栄養不足が考えられます。

■タンパク質
爪は、ほとんどがタンパク質の一種であるケラチンという成分で構成されています。ということで、タンパク質をきちんと摂ること が重要。ただ、動物性のタンパク質を摂りすぎるのもよくないので、豆腐や納豆などの大豆製品がオススメです。そして、体内でタンパク質を生成するのに必要 なビタミン類もバランスよく摂るようこころがけましょう。

■ケイ素
人体の組織と組織をつなげるのり的役目のコラーゲンを強くする元素。ケイ素が不足すると、爪が割れやすくなったり、髪が抜けやすく なったり、肌がたるんだり…。さらには動脈硬化が進行したり、がんに対する抵抗力が低下するなど、こわいコトがたくさん…。ケイ素を多く含むといわれるの は以下の食品です。
・玄米、あわ、ホタテ、サザエ、豆類、レバー、ほうれん草、スギナ、とうもろこしなど

■亜鉛
亜鉛が不足するとタンパク質の合成がうまくされなくなり、爪が伸びにくくなったり、割れやすくなったりしがちです。亜鉛を多く含む食 材といえばカキ、レバー、牛肉、うなぎ、ナッツ類などですが、これにビタミンCやクエン酸を多く含むレモンや梅干し、お酢などを合わせて摂ると吸収率が アップします。

爪が割れやすく、「食生活に偏りがあるな…」と感じている人は、まずはこれらに気を付けてみてはいかがでしょうか。あまりガチガチに気にし過ぎても精神的によくなさそうなので、ほどほどに、バランスのいい食事を。

後編では、そのほかの原因と対処法についてご紹介します

爪が割れる!原因と改善策【2】へ