タグ
2015/01/09
恋活を成功させるための4か条

© 2010all rights reserved to Nili Tal

2015年、今年こそ婚活を成功させるぞ! とはりきっているアラサーのみなさん。しかし、結婚にこだわる女子の中には「恋愛、そして結婚」という段取りを忘れている方もいるようです。実は婚活より先に恋活すべきなのでは?

ドキュメンタリー映画『私の恋活ダイアリー』は、60歳のニリ・タル監督が恋活をする姿を描いたデート・ドキュメンタリーです。60歳で積極的に恋活ですよ、みなさん! アラサーなんてまだまだ若い! 恋愛に必要な事柄は、何歳でも一緒です! 映画『私の恋活ダイアリー』には恋活のノウハウが詰まっています。では、映画で学ぶ、恋活を成功させる方法4か条、いってみましょう!

    その1:年齢を気にしないこと!

タル監督は、離婚経験があり、子供はもちろん、孫もいます。それでも恋活をするのは、「このままひとりで暮らすのは寂しい、愛する人と過ごしたい」という気持ちになったからです。そう思ったら相手を探すのは当たり前。監督の心の中に「60歳過ぎて、男なんて見つかるわけがない」という気持ちはさらさらありません。

写りのいい写真を選んでせっせとお見合いサイトに申し込みます。そして彼女にデートの申し込みをしてきた男性は、同年代から若手までさまざま。若くても「大人のオンナがいい」という男子もいるわけです。「実際会ってドン引きされたら……」と心配しないこと。男の方だって「写真と違う」「年齢サバよんでる」とアレ? と思うことがありますから、そこはお互い様なんですよ。

    その2:選ぶ目を持つこと!

「出会い系サイトは怖い」と思う人は多いですよね。実際に、事件が起こったりしているから余計でしょう。でも選ぶ目を持てばいいのです。安心できるお見合いサイトはいくらでもありますから、やみくもに登録せずちゃんと選びましょう。そして出会いの場でも男を選ぶ目を持つことです。

お金や肩書きだけではなく、話していれば、学はあるか、上辺だけの優しさか、マザコンか……などわかることはたくさんあるはずです。タル監督もデートに選んだ男とじっくり話をしますからね。なぜ自分に連絡くれたのか、恋愛経験は? など様々な質問をしています。ただノリだけでデートするのではなく、相手を知る努力をする。それは男を選ぶ目を養うことにもなるのです。

    その3:ありのまま~ではうまくいかない!

タル監督は、デートでもカジュアルな服装が多く、あまり着飾ることをしません。そこを同じく恋活中の友達に突っ込まれていました。「ネイルくらいしなさいよ!」と。そして監督はネイルをして、ちょっと華やかさを加えて恋活に臨みます。

やはり恋活に華やかさは必要です。「ありのままの私を愛してほしいの」 と思ってもダメ。「ありのままの私」は小出しにしていかないと。やはり第一印象で「かわいいな」「色っぽいな」「いい雰囲気の人だな」と好感度を与えるために、オシャレを意識しましょう。やりすぎると「はりきり過ぎ!」と浮くので、清潔感があり、いつもよりもちょっとレベルアップさせる程度がいいでしょう。

    その4:失恋しても落ち込まないこと!

映画『私の恋活ダイアリー』で、タル監督は、一夜を共にした男性もいましたが、恋人関係が続かなかったり、「安息日だから」とデートを断ってきた男性が、同日ほかの女性とデートしていたりと、失恋の苦味を大いに味わいます。でもタリ監督は負けません! さらなる出会いを求めるのです。フラれたからといっていちいち落ち込んでいる時間はないのです。

「これで失恋したら、婚期が遅れる」と焦りがちなアラサー女子ですが、うまくいかなくてもいちいち落ち込まず「はい、次!」と気持ちをサクッと切り替えましょう。ウジウジしている時間などないのです。たくさんの出会いがあなたの恋愛力を強化し、やがて素敵な人との出会いを引き寄せるはずです。

タリ監督は今でも恋活を続けています。うまくいくこともあれば、失恋することもあり、中には恋人ではなく友達として絆を結んだ男性もいるそうです。結婚願望のある女性も「結婚相手を探す」という枠を飛び越えて、「新たな出会いの場を広げる」と考えてみるのもいいかもしれません。条件を狭めず、焦らず、タリ監督のように、人生を豊かにするための恋活と考えれば、いい出逢いにめぐり逢えるかもしれませんよ。

私の恋活ダイアリー』全国順次公開中

斎藤香