大満足「おひとりさま」の年末年始7選

何かと慌ただしい年末年始だからこそ、「おひとりさま」時間を大切にしたいもの。自分のペースで過ごしたいあなたのために、年末年始の過ごし方を7つ、提案します。

    1. 年越しコンサートを鑑賞

大晦日に行われるクラシックコンサートを「ジルベスターコンサート」と呼びます。静かなホールで行われるので、周囲の目を気にする必要はナシ。今年はオーチャードホール、横浜みなとみらいホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、札幌コンサートホールKitara、福岡サンパレスなどで開催。クラシックの名曲を聴きながら、優雅に年越しができます。

    2. おひとりさまディナーを楽しむ

最近は、女性ひとりでも足を運びやすいレストランが増えています。お店選びのコツは、席の間隔が広くカウンター席が充実していること、そして照明が暗めなこと。迷ったら、以下のサイトを参考にしてもいいでしょう。

おひとりさまOKで絶品ぼっち飯が堪能できるお店20選@東京―Rettyグルメ

東京都で一人でも入りやすいお店―ヒトサラ

    3. ホテルステイを楽しむ

誰にも干渉されず気ままに過ごしたいなら、シティホテルがおすすめ。デパ地下のお惣菜やワインを持ち込んで、夜景を見ながらカウントダウン。部屋の中でテレビやDVDを見るもよし、エステやマッサージに出かけるもよし。元旦には、近隣の神社に初詣に出かけるのもいいでしょう。

現在、予約が取れるおすすめのプランは以下です(12/25時点、一休.comで調査)。

・東京ステーションホテル ダブルルーム 2万4,200円
・ストリングスホテル東京インターコンチネンタル シングル 4万7,000円(朝食付き)
・ロイヤルパークホテル ザ 汐留 ダブル(16時in11時out) 4万4,074円(朝食付き)
・ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ エグゼクティブフロア 6万5,430円(朝食付き)
・ウェスティンホテル東京 高層階エグゼクティブルーム 8万3,160円(朝食付き)

    4. おひとりさま用のおせちを楽しむ

たくさんの料理をちょっとずつ作るのは面倒だし、買ってきても余らせてしまう。でもやっぱり、お正月気分は味わいたい! そんなときに便利なのが、ひとりでも食べられるミニサイズのおせち。これからでも手に入るものを紹介します。

・サークルKサンクス
1人用おせち「華GOZEN」(1,980円)を販売。
事前予約は終了してしまいましたが、一部店舗では大晦日に店頭販売をします。

・おせち通販特集2015年[ぐるなび食市場

    5. 初売りに行く

毎年混み合うデパートやファッションビルの初売りは、ひとりで行くと格段にラク。友達が行きたいお店につき合って疲れてしまい、自分が欲しいものは買えなかった……なんてリスクはありません。福袋の行列に並んだり、お得なバーゲン品を探したりと、自在に行動できます。

    6. 映画を見る

1月1日は映画サービスデー。全国各地にあるほとんどすべての映画館で、1,000円または1,100円で鑑賞できます。周囲の意見に流されることなく、自分の好きな作品を選択できるのは「おひとりさま」ならではの魅力です。

    7. 歌舞伎を見に行く

歌舞伎座の初日は1月2日。豪華な出演者が名を列ね、正月らしい演目が並びます。羽子板や鏡餅など飾り付けも豪華で、お正月気分が味わえますよ。当日販売で一幕だけ見られる「一幕見席」なら、価格も1,000円台とお手頃。ほかに新橋演舞場、浅草公会堂、三越劇場、大阪松竹座などでも新春公演があります。

年末年始は、喧騒と静寂が混在する特別な時間。一年を振り返ったり、新しい年に思いを馳せたりと、おひとりさまならではのゆったりとした時間を満喫しましょう。

渡辺裕希子

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています