ふたりの距離を縮める魔法の言葉

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
ふたりの距離を縮める魔法の言葉

ふたりの距離を縮める魔法の言葉

好きな人との関係がいつまで経っても平行線で、なかなか距離が近づかないことってありますよね。そんなときにおすすめしたい会話のテクニックを、「大人の恋愛偏差値」サイトを監修している池内ひろ美さんに教わりました。

相手を自分の話に引き込みたいなら、「前からずっと思ってたんだけど」というセリフをつかってみま しょう。思いつきで話すより、「ずっと考えていた」というほうが興味を持ってもらえます。たとえば、旧友や顔だけ知っている仲の相手でも「ずっとあなたに 会いたかった」といわれると、相手は自分が求められること、自分が大事にされることに喜びを感じ、あなたのことが気になってしまうでしょう。そのまま楽し い雰囲気で気持ちよく過ごせれば、相手はあなたのことを好ましい人物という印象を持つはずです。それがきっかけでふたりの仲が深まる可能性もあるでしょ う。

また、意中の相手とグッと距離を縮めたいなら、「ふたりきりの秘密」を持つのがおススメ です。悩みを打ち明けられると、あなたのことを嫌いでない限り、それなりに自分が特別な存在のように思えてうれしいもの。できれば「あなたを信頼するか ら」「あなただけにいう」ということをさりげなくアピールしてみましょう。自然と親しくなるきっかけができるはずです。恋人や夫婦はふたりだけの世界を 持っています。そんな関係になるためにも、「ふたりだけの秘密」を持つことは有効に働いてくれるでしょう。

ちょっとした表現や行動ですが、相手を特別に思っていることがさりげなく伝えられそうですね。気になるあの人に試してみてはいかがですか?

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ふたりの距離を縮める魔法の言葉

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング