出産と失職リスクが集中する女性の貧困

「貧困」という言葉を聞いてもどこか別次元の話のように感じる人も多いのではないでしょうか?

会社の倒産、突然の解雇、思わぬ借金、親の介護、自身の病気……。さまざまな原因から突如として襲いかかる、けっして他人事ではない貧困。明日、地獄に突き落とされるのはあなたかもしれない。

今回は、『最貧困女子』(幻冬舎新書)の著者であるルポライターの鈴木大介さんに女性を取り巻く貧困事情についてお聞きしました。地獄の中でもがき苦しむ女性たちを数多く取材されてきた鈴木さんが見てきた貧困という闇。貧困地獄に陥らないために、また、貧困から脱却するために女性たちは何をすべきなのか。いつ自分の身に降り掛かってきてもおかしくない、「貧困」について、真っ正面から伺いました。

    身を売って生計を立てることが成り立たなくなっている

――不況が叫ばれて久しい昨今、女性の貧困は悪化しているのでしょうか?

鈴木大介さん(以下、鈴木):貧困に男も女もないというのが僕の考え方で、男性にも同様に貧困はありますが、女性の貧困はとにかく「見えづらい」ということがあるかと思います。

基本的にアッパークラスや中流、低所得層といった階級階層は分断され、人の交流も情報の交流もなく、自分のいるステージが上下左右することもなく、階級階層化社会が固定している感じがします。そうなると、自分以外の階層の人々のことは、想像もつかなくなる。

でも、自分の著書で書いているセックスワークの中の最貧困層は、無視され続けてきただけであって、ずっと昔から連綿と生き続けていたし、その層は確実に拡大しています。

最も見えづらい女性の貧困として、セックスワークの中にいる貧困女性のことを取材してきましたが、低所得の女性が増えてくるにあたって、セックスワーカーが人材的に飽和してきている。その中で30代の女性にとってのナイトワークというものがかつてはセーフティーネットになり得た部分があったが、今はかなり難しい状況になってきています。文字通り、身を売って生計を立てることが成り立たなくなっている。ナイトワークの現場からすると採用人数より、落とす方が圧倒的に多いのが現状なんです。

    女性だけに出産と失職リスクが集中している

――30代女性が貧困に陥る原因はどんなことが多いのでしょうか?

鈴木:一番の原因は、ちゃんと計画のできていない結婚と出産、離婚。数字的にも結婚の年齢が平均30.1歳で、離婚の年齢が平均、30~35歳の間に集中している。その間に子どもを産んで離婚するという話になってくると、「就業の壁」といわれている35歳と、子どもの一番手のかかる時期というのがかぶさって、なおかつそこで支援してくれる旦那がいないとなってくると容易にコロッと貧困側に陥る可能性が高まる。働けないのに支援がない状態になってしまうわけです。

――結婚、出産、離婚以外に女性が貧困に陥る原因とは?

鈴木:メンタルの問題が大きいですね。基本的に人間がメンタルを失調していくのにはいろいろな原因があると思うんですけど、そもそも親の支援があったら貧困じゃない。でも、支援する親がいない。親との関係性が破綻している。親そのものが貧困である。そういう生い立ちと20代30代でメンタルを壊していくことは明らかに符合して被るものなので、ダブルでくるワケです。毒親とメンタル失調率ってリンクしていますから。

あとは、職場環境の問題。会社社会の中で女性のキャリアアップの道って閉ざされていますよね。そもそも活躍のベースが作られていない。「女性の引き時感」が社会や会社の中にある。「再雇用は35歳まで」という暗黙のルールがあるので、女性が安定した仕事にずっと就いていること自体なかなか難しい面があります。

――現状、働いている女性が少ない理由は、やはり結婚や出産、育児によって仕事が制限されるからでしょうか。

鈴木:世界的に見ても日本の主婦層、シングルマザーの就業率は高いのですが、非常に不安定で低所得です。本来、例えば夫婦世帯で奥さんが育休を8か月取ったら、その後旦那さんも8か月育休を取るべきなんですよ。ところがそうした風潮はなかなか浸透しない。女性だけに、出産と失職リスクが集中している。現状ある制度である産休制度を男性が利用しないこともまた、女性の貧困の原因に繋がっているように感じてなりません。

    不動産や資格取得のためのローンの破綻が少なくない

――お話を聞く限り、多くの独身アラサー・アラフォー女性はある意味、常に貧困の瀬戸際にあると思うのですが、リストラなどの仕事面以外で貧困側へ転がり落ちるキッカケとはどのようなものがあるのでしょう?

鈴木:介護破綻と不動産ローンの破綻ですね。多いのが40代50代の独身女性の介護破綻。親を施設に入れるためとか、親の面倒を見なくてはいけなくなったがために仕事がうまくいかなくなって、不動産ローンも払えなくなって、結局、購入した家は競売にかけるしかなくなり、自己破産してしまうパターンです。

アラサーやアラフォーの女性は、不動産の押し売りに乗せられないようにして欲しいですね。特に収入が上がっていく保証がない中にある人が、新築のマンションを買っては絶対にダメです。

――賃貸と同じレベルの金額設定で、いずれ自分のものになるのであればマンションを購入した方が将来的にもプラスになると思いがちですよね。

鈴木:支払い額が変わらないものならまだマシですけど、変動金利やステップアップ系だと、本当にちょっとのことでダメになってしまいます。家賃は下げることができるけど、不動産ローンは上がることはあっても下げるのはなかなか難しいですから。

女性がずっと独身でいくつもりなら、40歳までに築古格安な中古マンションを買うのがベストです。少子化と人口減少の中で不動産価値は下がり続けていますが、なんとかお金を貯めて「現金一括」で買うのが理想だと思います。

とにかくローンをしないことが重要。アラサー女子に関しては借りないっていうのが大前提です。

――どんなに高い買い物でもローンで買わないというのが大切なんですね。

鈴木:厳しいですが、貧困からの自衛という点ではそうです。お金を借りて消費活動をするというのは、経済がよくなっていくことを前提とした消費スタイルですから。

あと、意外に多いのが資格系のローン破綻。いわゆる自己投資ですね。専門性の高い資格だったら収入に繋がることもありますが、誰でも取得できるような資格が将来に活きるかどうかは疑問です。

また、ローンを組んだ直後にリストラにあったり、病気で働けなくなる可能性もないとはいえない。そうなると、収入がないからローンは返せない、返せないからスクールにも通えない、結局、資格も取得できずローンだけが残るといった状態になるワケです。

資格をとり、マンションを買い、男に頼らず生きるという、女性の自立を推進する風潮には、そうできない女性の貧困を助長している側面があるように思っています。

>>【後編につづく】貧困対策はマイルドヤンキーから学べ 『最貧困女子』著者が語る、生活の質を保つ方法

●鈴木大介
千葉県生まれ。「犯罪する側の論理」「犯罪現場の貧困問題」をテーマに、裏社会・触法少年少女らの生きる現場を中心とした取材活動を続けるルポライター。著書である『最貧困女子』(幻冬舎新書)では、貧困によってセックスワークに身を落とす女性やシングルマザー、ネカフェ難民として生き抜く女性たちの体験が生々しく語られている。

(橋本真澄)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています