「ミス・ワールド」2015年に水着審査を廃止! ビキニでのウォーキングは古風で不要なもの

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
「ミス・ワールド」2015年に水着審査を廃止! ビキニでのウォーキングは古風で不要なもの

「ミス・ワールド」2015年に水着審査を廃止

1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われて以来、63年にわたって毎年開催されている「ミス・ワールド」。この世界最大のミスコンテストの水着審査が、2015年に廃止されることが発表されました。

近年、水着審査のテレビ放送はしていませんでした

12月14日、イギリスで行われたミス・ワールド2014は、南アフリカ代表のロレーヌ・ストラウスさんが栄冠に輝きました。大会前にはミス・ホンジュラスが殺害されるというショッキングな事件もありましたが、大会は大きな盛り上がりを見せたようです。

近年のミス・ワールドは、水着審査を行っていたものの、テレビ放送はしていませんでした。そして、2015年には完全に廃止する予定です。

ミス・ワールドのジュリア・モーリー会長は、雑誌『エル』のインタビューで、次のように説明しています。

「女性はビキニ姿でただウォーキングをする必要がありません。女性にとって何の意味もないし、私たちにとっても意味がないのです。たとえ他の誰かより下半身が5センチ大きくたって関係ありません。私たちは彼女の下半身を見ているのではなく、彼女の話すことを聞いているのです」

水着審査は古風で不要なもの

モーリー夫人の亡き夫エリック氏によって1951年に設立されたミス・ワールドは、水着に特化したコンテストとしてスタートしましたが、最近、彼女は水着審査は古風で不要なものであると感じるようになったそうです。

また、ミス・ワールド米国機構のクリス・ウィルマ代表は、ABCニュースに対し、「コンテストは単なる美を競うものではなく、何らかの目的に貢献する美を競うもので、ビキニ審査は全く意味をなさない」と語っています。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ミス・ワールド」2015年に水着審査を廃止! ビキニでのウォーキングは古風で不要なもの

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング