「育児より仕事の方が楽」に現役ママ反論

元フジテレビのアナウンサー、長谷川豊氏のブログ「保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソ」が反響を呼んでいます。

「日本人が子供を産まないのは、子供よりも自分が大好きだから。子供を増やすには、専業主婦・専業主夫を増やすべき。20代の女性の過半数は、働くよりも専業主婦になって子供や家族と過ごしたい、と思っている」というのが彼の主張。これに対して、ツイッターでは反論が相次ぎました。

家事育児より仕事のほうが楽

なかでも、ある現役ママがツイッターに書き込んだ意見は、さらなる反響を呼びました。

若い女の子に専業主婦志向が増えてるんですよ、という話はよく聞くけど、実際に子育てをしている人間としてこれだけは言っておきたい。家事育児より仕事のほうが楽ですよ!――@nejiko

これに対して働くママ、専業主婦の両方から賛同の声が上がっています。

・本当に本当に、その通り。育児休暇明けの初勤務、あー大人相手に喋れる仕事って何て幸せなんだろう、もう帰りたくないって心底思いましたもの。いや子供はもちろん可愛いんですけどね、その上で。
・産後に行き詰まってた頃、子どもを背負ってでも仕事に戻りたいと思ったことがある。一日中、意思疎通のままならない生き物と二人きりはつらかった。
・仕事の事、自分の事だけしっかりこなしていれば良いのだから、本当に仕事の方が何倍も楽。働きながらしっかり子育てしてる方々をわたしは心底尊敬する。

積極的に専業主婦になりたいわけではない

ここで同時に浮かび上がってきたのが、女性が「必ずしも積極的に専業主婦になりたいわけではない」という事実。

・家事育児より仕事が楽っていうのはわかるけど、家事育児をしながら仕事をするのがキツいんだよ。だから専業主婦か、もしくは独身で食いっぱぐれない仕事したいんだよ。
・そもそも長谷川氏の記事は専業主婦を選びたい理由をわかってない 。フルタイムで働いた上に専業主婦並みの家事と育児をこなすことを要求されるなら、働かずに専業主婦になりたいんですよ。男性は仕事、女性は仕事+家事+育児 なら、仕事をはずしたくなりますよ。

フルタイムの仕事をしながら、家事育児もきっちりとこなすことが求められる。外に出れば、ベビーカー問題などで、肩身の狭い思いをする。女性が「子供をどんどん産みたい」と思える社会とはほど遠いのが日本の現状。「保育園を増やせばいい」という単純な問題ではないようです。

渡辺裕希子

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています