タグ
2014/12/11

いよいよ今週末に迫った衆議院選挙。12月14日が投開票日ですが、あなたは投票に行く予定ですか? もし仕事や旅行などの用事で投票所に行けない場合は、期日前投票を利用しましょう。意外に便利なんです。

入場券がなくても投票は可能

総務省の発表によると、12月3日から7日までに期日前投票を行った人はおよそ270万人で、前回おととしの衆議院選挙の同じ時期に比べて、約14万8,000人増えているそうです。

一方、急な解散で印刷が間に合わず、投票所入場整理券の到着が遅れている地域もあるようですが、選挙人名簿に登録されていて身分が証明できれば、入場券がなくても投票は可能です。

期日前投票所ならどこでも投票が可能

また、各選挙管理委員会では、投票率アップを狙って、投票所を利用者の多い駅や大学、商業施設などに設置するところも出ています。長野県松本市ではJR松本駅、愛媛県松山市は松山大学と愛媛大学、秋田県男鹿市では、スーパーセンターアマノ男鹿店に期日前投票所を設置しています。

なお、投票日当日は投票所入場整理券に記載された指定の投票所でしか投票できませんが、期日前投票は、自分が選挙人名簿に登録されている区市町村の期日前投票所が複数ある場合は、基本的にどこでも投票が可能です。期日前投票は原則として、投開票日の前日の13日午後8時までとなっていますが、投票所によって期間や時間が異なる場合もあるので確認が必要です。

総務省の特設サイト

(編集部)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています