フリーアナウンサーの小林麻耶(35)が11月25日深夜に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系・火曜23:59)に出演。数々の大物芸能人との交際の噂を否定して話題になっているが、“ぶりっこ”キャラで激しいバッシングを受けるなか、ネットでは、意外にも好意的に見ている人が少なくないようだ。

派手なリアクションで“ぶりっこ”ぶりを発揮

番組の中で小林は、交際の噂のあった元タレント島田紳助さんやダウンタウン・浜田雅功、堺正章、明石家さんまといった名前を次々挙げて、きっぱりと否定。伊勢神宮へ一緒に参拝に行く姿が目撃された「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹との交際についても笑顔で否定した。

さらに、人気ドラマ『きょうは会社休みます。』の主人公になりきって場面を再現したり、イケメン占い師ユニット「not for sale」の占いを受けたり、司会のチュートリアル・徳井義実に「壁ドン」してもらったり……。終始、派手なリアクションで“ぶりっこ”ぶりを発揮していた。

ぶりっこだと言われてるけど、わりと苦労人なのかな

これに対し、ネットでは賛否両論。

・35歳でぶりっこキャラは・・・アウトだろ
・小林麻耶生理的に受け付けない
・歳のわりにきゃーきゃーうるさい
・小林麻耶うざいわ(笑)ああいうぶりっ子キャラが一番苦手なタイプ

やはり、「ぶりっこが嫌い」「うるさい」という声は多い。一方で、肯定的な声も少なくない。

・小林麻耶腹立つけど笑える。意外とああいうの嫌いじゃない
・最近、小林麻耶さんの笑顔に癒される
・ぶりっこだと言われてるけど、わりと苦労人なのかなって思う
・私は好きです。西川先生と一緒に出てるととても嬉しい

「一生懸命生きていれば結婚できる」と思っていた

小林はTBSの局アナ時代の恋愛について、「入社2年目にプロポーズされたが、その時は仕事を選んで断った」と明かし、また、妹でタレントの小林麻央の夫である歌舞伎役者の市川海老蔵のファンだったが、気づいたら「妹の旦那さんになってた」と告白。「35歳独身・恋人なし」の等身大の姿をあらわにしたことが共感を呼んだのかもしれない。

「一生懸命生きていれば結婚できる」と思っていたと語る小林麻耶。そのぶりっこキャラも、彼女らしい“一生懸命”なのだろうか。

(森野光子)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています