日本テレビ系ドラマ『きょうは会社休みます。』(水曜夜10時)が好調です。11月12日放送の第5話は平均視聴率15.8%を記録しました。

主人公の青石花笑(綾瀬はるか)は「彼氏いない歴=年齢」の“こじらせ女子”。30歳の誕生日、成り行きで、同じ会社でバイトする年下イケメン大学生(福士蒼汰)と一夜を共にすることに。それと同時に年上イケメンCEO(玉木宏)からもアプローチされ、人生初のモテ期到来? さあどうする? というマンガ原作ならではの夢いっぱいのストーリーです。

「こんなの、あり得ない!」と憤慨しながらも、テレビから離れられない女性が多数出現しているようですが、実際、働く女性たちは“年下男子”にどんな魅力を感じているのでしょうか。

求めるものは「かわいらしさ」 しっかりしてればなおよし

働く女性50人に“年下男子”についてのホンネを聞いたところ、「かわいらしさ」を求める声が上がりました。

「とにかくかわいい!」(20代後半)
「ピュアそう」(20代後半)
「年下なのにカッコいいのはグッとくる」(20代後半)
「年下でもしっかりしていてほしい。実年齢より精神年齢の方が大事」(30代前半)
「結婚するなら年上かな。でも付き合うなら年下の方が楽しそう。自分より長く生きてくれて面倒みてくれるかな笑」(30代前半)

基本はかわいらしくあってほしい。さらに男らしい部分を見せてくれたら、さらに萌える、ということです。

年下男子から褒められたいのは「経験値」より「外見」

ドラマでは「メガネ、外した方がいいですよ」「きっと、僕のこと好きだと思います」など、胸キュンワードがさく裂していますが、実は田之倉くん(福士蒼汰)は花笑(綾瀬はるか)の、社会人としてきちんと仕事をこなしているところや、不器用なくらい几帳面なところに好感を持っていると描かれています。

実際に女性が年下男子に評価されたいのは、社会人としての側面なのでしょうか。(複数回答あり)

・美しさ、かわいらしさ、無邪気さなど……41票
・仕事への姿勢、社会人経験など……16票
・色気……7票

「年下から仕事面を評価されても嬉しくない」(20代後半)
「お姉さん扱いされるより、ダメな子だと思ってくれたほうがうれしい」(30代前半)
「もうかわいさなんて自分にはないんじゃ……と気になる年齢の女性に、かわいらしさをみつけてくれたらステキだな、と」(30代前半)
「年下男子に『かわいらしさ』を感じてもらえたら若々しさに自信が付くから」(20代後半)

先輩として敬意を払いつつも「やべ、かわいい」と思ってもらえたら嬉しいという乙女心が垣間見えます。

年下男子の問題点「他の若い子」「結婚」「お金」……

デザイン会社で役職につくバリキャリのA子さん(30代後半)は、今年に入って12歳下(同じ干支)の20代男子と交際をスタートしました。

「年下男子はとにかくかわいい! 付き合い始めるときも『好きです、付き合って下さい』と告白してくれて。高校生に戻ったようで、新鮮でした。
社会人として私のほうが先輩なので、コミュニケーションの取り方、何かあったときの謝罪の仕方とか、必要なことは教えてあげます。これが30代だったら『大人なのになんで知らないの?』とイラっとしますけど、年下だから許せますね~」

と、かわいくて仕方ない様子。一方で心配ごとは?

「若い女の子は脅威です。どれだけ『好き』と言ってくれても、一緒に話してるだけで胸騒ぎが……。これは付き合ってる限り背負うものかも」

では、もし年下と付き合うことなったら、不安要素は何でしょうか。(複数回答あり)

「結婚のこと考えてくれるのかな」……19票
「本当は同年代のほうがいいんじゃないかな」……15票
「金ヅルと思われてない?」……12票
「私って母親代わり?」……11票

そのほか「避妊してくれるのかな」という声も。ドラマ内でも「将来のこと」「若いライバル」が2大不安要素となっています。今夜(11月19日)放送の第六話でも、そのことで一波乱ありそうな展開です。

現実には「男はいくつになっても20代半ばが好き」という調査結果もありますが、ドラマは夢。「地味にしてたら、あっちからこっちからもイケメンが!」という幸運はなかなか起きませんが、夢の世界で日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

(編集部)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています