毎年、世界中から個性豊かな“ニューハーフ”たちがタイのリゾートタウン、パタヤに集まるコンテスト「ミス・インターナショナル・クイーン2014」の決勝が11月7日に開かれ、ベネズエラ代表のイザベラ・サンティアゴさんが優勝しました。

優勝賞金約153万円、副賞は美容整形手術

2009年には、タレントのはるな愛さんが優勝したことで大きな話題となった同コンテスト。今年は、日本人2人を含む18か国21人が出場。残念ながら、日本人の入賞はありませんでしたたが、現地で“アイチャン”の愛称で人気の高いはるな愛さんは、今年も同コンテストのオープニングに出演し華を添えていました。

今年で第10回を迎えた同コンテストは、トランスジェンダーのための世界的なコンテストで、他のミス・コンテストと同様に、民族衣装やイブニングドレス、水着での審査も行われます。

優勝者には賞金44万バーツ(約153万円)のほかに、無料の美容整形手術が副賞として贈られるのも特徴。タイは美容整形の技術が高い国として定評があり、日本をはじめ世界から性転換や整形手術を受けに患者が集まってくることで知られています。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています