「路上ハラスメント」事情は世界さまざま? 話題の動画へ各国の女性たちがコメント

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「路上ハラスメント」事情は世界さまざま? 話題の動画へ各国の女性たちがコメント

路上ハラスメント事情は世界さまざま?

先日、女性がひとりでニューヨークの街を歩くと路上ハラスメントに遭うという動画が話題になっていると紹介しましたが、同様の撮影をニュージーランド最大の都市オークランドで行ったところ、全く別の結果になったと現地のメディア等で報道されています。

女性が声をかけられたのはたったの2回

この動画は現地紙『ニュージーランド・ヘラルド』が撮影したもので、ニューヨークの動画と同じように、20代の女性がひとりでオークランドの街を歩いたところ、声をかけられたのはたったの2回でした。

ひとりは彼女にイタリア人がどうかを尋ね、彼女のことを素敵だと言い、そして、立ち止まらせたことを謝罪したそうです。また、もうひとりはただ道を尋ねてきただけでした。

撮影に協力した女性は「人々は実際には非常に礼儀正しく、全く不快感はありませんでした」と話しているとのことです。

各国の路上ハラスメント事情は?

最初の動画は世界の注目を集めるところとなり、ある掲示板では、各国の路上ハラスメント事情を挙げていくスレッドが立ち上がりました。そこには、以下のようなコメントが書き込まれています。

・シンガポールはごくたまにある。
・中東に住んでいるが、残念ながら非常に多い。
・フィンランドの首都に住んでいます。路上ハラスメントに遭ったことはありません。深夜に電車やバスに乗っても安全です。
・私はアメリカ人ですが、ヨーロッパやアジアを旅行した時に何度も遭いました。
・ブラジルではとてもよくあることです。
・インドでは本当に本当にひどいです。言葉だけでなく、身体的な嫌がらせもあります。
・タイでは遭ったことがないです。
・ロンドンやほかのイギリスの街でも遭ったけど、イタリアはもっと多かった。ほとんど毎日。

このほか、オークランドでも路上ハラスメントに遭ったという書き込みや、最初の動画より1年以上前にYouTubeにアップされたブリュッセルの動画を紹介する書き込みもありました。

日本で、たとえば東京や大阪で同様の撮影をしたら、いったいどのような結果になるのでしょうか。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「路上ハラスメント」事情は世界さまざま? 話題の動画へ各国の女性たちがコメント

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。