“11月1日には死なない” 「安楽死」宣言の末期がん女性が心境の変化を告白!

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
“11月1日には死なない” 「安楽死」宣言の末期がん女性が心境の変化を告白!

安楽死宣言の女性「まだ死なない」と告白

先日、29歳の末期がん女性が「11月1日に安楽死する」と宣言したことが話題になっていますが、その女性ブリタニー・メイナードさんが、11月1日に自ら命を絶つことはやめたと明らかになりました。

私はまだ喜びを感じられることがある

彼女は10月29日に公開された動画の中で、次のように話しています。

「11月2日が来て私が死んでいたら、家族には私のこと、そして私の選択を誇りに思ってほしい。そしてもし、11月2日が来て、私がまだ生きているなら、私たちは家族として前に向かうでしょう。そして決断は後にやってくるでしょう」

そして、最初に死を選択すると宣言していた11月1日は「“正しい時期”ではない」と述べています。

「私はまだ十分気分が良いし、まだ喜びを感じられることがあるし、家族や友人と笑うこともできる」

彼女は以前よりも前向きな気持ちになり、もっと長く生きようとしているようです。ただし、病状は毎週のように悪化しているようで、「その日は来る」とも語っています。

安楽死について問題提起をすることで世界の注目の的となった彼女は、世間の反応によって自らの安楽死を思い直すに至ったようです。このことで、今後の彼女の動向に対して、世界の関心はますます高まり、安楽死についての議論はさらに活発化することになりそうです。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

“11月1日には死なない” 「安楽死」宣言の末期がん女性が心境の変化を告白!

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています