これが「路上ハラスメント」の実態! 女性がひとりで街を歩くときの“恐怖”が分かる動画が話題

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
これが「路上ハラスメント」の実態! 女性がひとりで街を歩くときの“恐怖”が分かる動画が話題

「路上ハラスメント」の実態が分かる動画

女性がひとりでニューヨークの街を歩く2分間の動画が話題になっている。YouTubeに10月28日にアップされ、再生回数は1,300万回以上。

無言で5分以上ついてくる男も

マンハッタンの路上を歩いている女性は、次から次にすれ違う男性たちから「ねえ、美人さん」「元気?」「電話番号渡したら話してくれる?」などと声をかけられる。さらに、ある男は無言で5分以上も彼女の横について歩いてきた。

この動画は、世界中の路上ハラスメントをなくす活動を行っている団体『Hollaback』のために作られたもので、撮影者は「白昼の路上ハラスメントがどのように行われているかを見せたかった」と話している。

動画の女性は「私は笑顔のときも、そうでないときも嫌がらせを受けたし、白人男性、黒人男性、ラテン系男性からも嫌がらせを受けた。路上ハラスメントに遭わない日はなかった」と話している。

さらに彼女は、メールやネット上のコメントには脅迫するような内容もあり、危険を感じたため、警察に行くつもりだという。

路上ハラスメントはどこにでも起こる

団体の主催者は、「路上ハラスメントは、どこにでも起こる。特に有色人種やLGBTQの場合はより頻繁にエスカレートしやすい」と主張している。

日本でも、特に女性は道を歩いていて声をかけられた経験があるだろう。同団体は、この問題への意識を高めるために、動画のシェアや寄付を呼びかけているが、まずは、友人と自分の経験を話し合ってみてはいかがだろう。

 
(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

これが「路上ハラスメント」の実態! 女性がひとりで街を歩くときの“恐怖”が分かる動画が話題

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています